保証会社の審査を通す

銀行カードローンの融資条件に「保証会社の保証を得られる方」という一文があります。
ソニー銀行のカードローンも他の銀行カードローンと同じで、保証会社の保証を受ける必要があります。

保証会社を利用するため、保証人や担保を用意する必要が無く、保証料も金利に含まれているので余計な負担をかけずにお金が借りられます。

大手消費者金融「アコム」が保証会社

ソニー銀行のカードローンの保証会社は、大手消費者金融のアコムが保証会社になっています。保証会社が大手消費者金融とする銀行カードローンは多く、プロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンスも多くの金融機関のカードローンやフリーローンなど、ローン商品の保証会社として審査を行っています。

保証会社が消費者金融なので、審査基準も消費者金融へ申込む時と同じなのかと思いますが、そうではありません。

審査基準は、金利と大きな関係がありますので、金利がアコムよりも低くなるソニー銀行のカードローンの審査は、アコムとは異なる基準で行われます。

アコムで借りる場合はアコムの基準で、ソニー銀行のカードローンで借りる場合はソニー銀行の基準で審査が行われるので、同じアコムの審査であるとしてもそれぞれの審査基準によって融資が可能かを判断しています。

「審査に通りやすくするポイント」

キャッシングの審査を左右するいくつか注意しなければならない事があります。ソニー銀行は、パート・アルバイトでも定期収入があれば申込ができます。

当然ですが、収入が無いとお金を借りることはできませんから、ソニー銀行カードローンを申込む前に、アルバイトやパートなど始めるなどして、まずは安定した収入を得る必要があります。

現在の借入れ件数や借入金額が多いう場合、どこか一つを完済し、完済したところは解約して借入件数を減らす必要があります。それ以外に、審査は記入された情報を元に行われますから、申込書に間違いや記入漏れが多いと正確な判断ができず、それが原因で審査に通らないこともあります。

また、審査に有利になるように嘘を書くと信用面で問題となるので、申込書は正確に記入する事がポイントです。

急いでいるからといってやってしまうのが、同時申込です。同時申込は「申込ブラック」と呼ばれ、審査をする際も悪影響を及ぼすので、同時申込は避けましょう。